top of page
検索
  • P&P

D2Cビジネスの加速とECサイトx プロモーションのニーズ拡大

更新日:2023年1月16日

ここ数年のコロナ禍での影響は、対面での売上から、オンラインでの売上比率の拡大を意識的に変革する企業が、急増している肌感があります。


D2C( Direct to Consumer)、要は、卸を通さず、お客様に直接届ける事です。






オンライン上で物販を実施する場合、Amazonや楽天、メルカリ等を活用する方も多くいますが、その様なプラットフォームでは、例えば中国製品など、同ジャンルの商品と同じ土俵に必然的に立たされ、" 価格競争" に陥る場合が多くあります。



その反面、価格競争の土俵を避けるべく、自社サイトの構築に注目する企業がコロナ禍以降急増しており、更に自社サイトの場合は、" 自社のブランド性" を高めながら、非対面の売上を伸ばせるのも、最近の人気の理由かと考えます。



ただ、自社サイトを構築する際の、陥りやすいリスクも挙げれられます。



それは、Amazon等のプラットフォームは基本、商品が売れた後に手数料を支払う程度に過ぎませんが、自社サイトの立ち上げには、サイト構築費用が掛かるため、サイト構築の後に予想外にサイトへのアクセスが集まらず、売上が立たず、サイト立ち上げ1年後には、アクセスが集まらない、ゴーストサイトになる可能性があるのです。


要は、サイト構築の後の、サイトの" 認知拡大" "アクセス増大" をしっかり戦略を立てていない為です。


そこで私達が、行うのはサイトの認知拡大を前提として、コンセプトをしっかり固め、そこから逆算してサイト構築を行います。


ECサイト構築の単体ではなく、ECサイト構築 x プロモーションの組み合わせが必須なのです。


そこで私達も、D2Cビジネスとして、以下ウェブサイトを用意しました。



プロモーションの手法は、御社に併せた完全オーダーメイドとなります。

一度、是非お気軽にフォームよりご相談くださいませ。


心より、着方からのご連絡をお待ち申し上げます。






閲覧数:33回0件のコメント

Comments


Commenting has been turned off.
記事: Blog2_Post
bottom of page